×

We establish

私たちは真の個別化医療を可能にするオープンエコシステムを確立します。

Down arrow
エコシステムについて知る

We establish

私たちは真の個別化医療を可能にするオープンエコシステムを確立します。

糖尿病患者数の世界的な増加が、臨床医、ヘルスケアシステム、そして保険者の皆さまにとって今後も課題であり続けるから。

増え続ける糖尿病患者さんを支えるための十分なリソースはありません。だからこそ、患者ケアを効率的かつ効果的にするため、私たちは関連するヘルスケアデータへのアクセスを広げ、つなげ、意味のあるものにする必要があります。

オープンエコシステムが糖尿病マネジメントを次のレベルに引き上げます。

オープンエコシステムが糖尿病マネジメントを次のレベルに引き上げます。

オープンヘルスプラットフォームの周辺に築かれたエコシステムがiPDMを実現します。プラットフォームがiPDMに必要不可欠な広い接続性を可能にし、私たちとパートナーのデジタルソリューション、デバイス、そしてサービスをひとつにします。

患者さんのデータはデジタルソリューションから収集、保管され、効果的でタイムリーな治療を決定するための価値ある情報とパワフルな洞察へと変換され、アウトカムの改善に貢献します。

iPDMに必要な要素を可能にします。

接続性
接続性

すべてのデバイス、サービス、デジタル製品(自社と他社)をつなげ、データを収集します。

このデータは知的オープンプラットフォームを通して分析、解析され、重要な洞察をつくり出します。

個別化治療
個別化治療

医療従事者はこれらの洞察を使って個々に合った効果的な治療調整を行い、個別化治療をつくり出します。

このアプローチにより、患者さんは糖尿病の自己管理を行い、治療計画を自分のライフスタイルに統合し、より治療に関わることができるようになります。

コラボレーション
コラボレーション

医療従事者、糖尿病患者、保険者、そして介護者や病院といったステークホルダー間のコラボレーションを強化します。

整備された協力体制や連絡体制を含む体系的なプロセスを活用し、医療従事者と糖尿病患者さんが一緒に決定を下せるようサポートします。1

医療の持続可能性
医療の持続可能性

リソース配分を最適化し、合併症のコストや過剰な医療の削減に施設と一緒に取り組むことで、これら全てのコンセプトが調和し、医療システムの持続可能性に貢献します。

糖尿病患者さんは常に私たちの中心にいます。ソリューションを提供して、すべてのタイプの患者さんがiPDMを促進できるようにし、糖尿病の治療のどんな段階においても、総じて患者さんのニーズに取り組みます。


ロシュダイアベティスケア・プラットフォーム

より迅速なつながりを育成する知的プラットフォーム

ロシュダイアベティスケア・プラットフォームは、医療従事者と糖尿病患者さんをシームレスにつなぎ、より効果的な個別化治療をもたらす実行可能な洞察をつくり出します。

ロシュダイアベティスケア・プラットフォーム